• トップ

起業の際は金融機関へ

起業なら金融機関にお金を借りる

金融機関でお金を帰りて起業する

自分で会社や商売を始める為には、企業をするための資金が必要になります。資金は自分で溜めた金額でだけで済めば良いですが、必ずと言っていい程足りなく無くなるのが普通です。資金調達には、銀行や金融機関から一時的に借金をして起業資金として利用する事で、お金の問題は無くなるのです。金融機関で起業資金を借りるには、色々な条件が付いてきますが、すべてをクリアー出来れば問題なく、借りる事が出来て会社や商売を無事に始められるのです。お金を借りる場所は他にもたくさんありますが、利息や信用性に欠けてしまうので、安全な所を利用するのが良いのです。

起業に際しての銀行活用法

新たに会社を起こす場合、自己資金で賄いきれない部分は、どうしても銀行や信用金庫などの力を借りることが必要になってきます。起業する場合、全体資金の少なくとも3割程度は自己資金を用意したいのですが、なかなか理想と現実は異なります。そんな時、地方自治体が必ず行っている制度融資を活用すべきです。日本政策金融公庫との相互利用も可能ですし、何よりも自治体の融資は、低利・固定金利・長期借入が可能である点が魅力です。この申し込みは、すべて銀行・信用金庫を通じての申し込みとなりますから、金融機関の担当者に、起業のための制度融資を紹介してほしいとお願いし、申込書の書き方などを教えてもらうことが早道です。もちろん、自治体の金融課などに問い合わせても、しっかりと教えてもらえるはずです。

新着情報

↑PAGE TOP