• トップ /
  • 起業金融機関利用は方向性が大事

起業金融機関の方向性

起業金融機関利用は方向性が大事

金融機関にプレゼンする

生涯雇用という会社がなくなりステップアップのために転職を行うという人がいる中で、起業するという選択肢を選ぶ人も少なくありません。もちろん思いつきでできるようなことではありませんのである程度の準備は行われますが、それでも資金は十分ではないケースがほとんどです。その際には金融機関に融資の交渉を行いますが、行おうとしている事業の方向性がしっかりと決まっていて自分なりに将来の展望が見えていることは必須です。成功するか分からないがやってみるでは誰が聞いても融資を行う気にはなりません。何度もシミュレーションしてみて金融機関で堂々とプレゼンできるようにしておくと良いでしょう。

起業をした後の方向性を聞く

自営業者に起業をした後の方向性について質問すると、何を目指しているのかが判明、自営業の難しさがわかるなどの長所があります。例えば電機関連の業者だった場合は、仕事の規模を拡大させたいと考えている可能性が高いです。そして、起業した後の体験談を聞いた時は、自営業の難しさがわかると想定されます。仕事を開始した直後は依頼が来ないのは、自然の流れと言えます。短所は専門用語が多数出てきた時は理解しにくいことです。難しい言葉が沢山あると感じた時は、業者にその話を伝えれば優しく解説してくれます。場合によっては、専門用語が書かれた本を用意して説明してくれることがあります。

↑PAGE TOP